プロフィール

代替医療師Vanilla

Yoko Profile picture-10

シンガポール在住。

統合医療啓蒙家。

ホリスティック療法家。

幼少より、町医者であり中医師である祖父の影響を受け、薬とは何かを探求し、体と健康の不思議を中医学の陰陽の基礎を通して学ぶ。大学病院長で外科医教授であった父親からの触発で免疫学に興味を持つ。

メディカルハーブ、クリニカルアロマセラピー、ホメオパシー、フラワーエッセンスとそれぞれの学びを深め、資格をとる。生化学、栄養学、物理学、電磁気学、など学びを深め、最近では電磁波測定技師の免許も獲得。エントロピーの測定器であるSQIO-QXやメタトロンSAKURA なども利用したエネルギー療法にも精通している。

22368685_366496727114636_1939861934_o

1999年、安保徹氏の免疫学に傾倒し、そこからより包括的な視点での「健康とは何か」について教えるセルフケアのスクールをシンガポールにてスタートする。

ホリスティックな視点で健康や美について綴るブログの公開読者は13,000人を超える。

毎月日本で開催するセミナーは人気を博し、すぐに満席。

2013年にはセミナー参加者は延べ60,000人を超え、現在延べ10万人を超える。

 

セミナーのテーマは健康、予防医学、美容、セルフケアなどホリスティックな視点での体の仕組みや病気になるメカニズムを多岐に渡り、教えている。

セミナーは「言葉の滝行」とも言われており、参加者がカラダの仕組みをイメージしやすく語る比喩の講義でよく知られている。健康でいられるために必要な情報を、難しい専門用語を使わずにわかりやすく伝える事で20〜50代の女性から圧倒的な支持を得る。

西洋医学と代替医療、それぞれのメリットとデメリットを理解し、バランスのとれた治療の在り方を提案している。

幸せで、健康に生き抜くための知恵を伝える啓蒙家。

『健康とはサバイバル能力』

3児の母親であり、複数の会社を経営する経営者でもある。

 

ページトップへ