*2018年6月15日 配信*

 

おはようございます。代替医療Vanilla です。

ふたご座の新月。
早朝に迎えてからそのままボイドタイムだったというね 笑。
さて、みなさんはどんな気持ちで昨日は過ごしたでしょうか。

私は、なんだかこの1週間、
揺さぶりに揺さぶりをかけられた感じでして、
仲間の再構築を迫られた感じでした。。。
日頃から、体の臓器が痛むとき、傷んだところは、
代謝され分解され散って、
新しい細胞からの再構築によって
臓器は元に戻り機能するのよっとお話ししておりますが、
「全ては一つのルールで動いている」通りですね・・・
チームも欠けることで再生しますわ。

それぞれが、適所でそれぞれの得意なことを
十分に発揮できるといいですよねぇ。。
ということで、私の新月の抱負は、夕方のボイドが終わってから、
気持ちも新たに書き残しましたわ。
うん。
言葉・文章・知性などをつかさどるこの新月で、
私も色々まとめることを決めました!

ということで、前置きはこれくらいにして。

さて、最近はあまり新しい講座をする時間や余裕がなくて、
たくさんの人に触れる機会がとても減ってしまっております・・・
そこで、このネットの世界の利便性を有効に活用してですね、
オンライン講座なんかも始めました。
同じような志の同士のみんなとも一緒になると、
それはそれは発信の力も大きくなってリーチする人も増える!
今月21日。
もう来週から腸についての無料配信があるのですが、
これも参加してみてね。
12名の専門家のお話しが登録することで視聴することができますわっ。
私も参加させていただきます。

で、テーマの腸について、ここでもちょいとシェアしておきたい。
この無料配信ではインタビュアーの医であるゆかりさんと、
腸のあれこれをさらっとお話しするつもりですが、
ここできっとテーマになっている、
腸の健康度だとか、
腸と脳の関係性だとか、
セロトニンの話だとかは、まずは置いといて・・・

そもそもそこに多く共生する微生物の話。
ご存知の方も多いかと思いますが、
私は屋久島出身でして(メインの育ちは福岡です)、
物心ついた頃から、夏はいつも屋久島で過ごしましたわ。
あの土地は、全てが水と微生物でできております。
行ったことある人は感じてくれたかなぁ。
空気中には、酸素と水素と水がくっついたり離れたりして粒子でというか、
キラキラと飛び回っております。
水は、酸素と水素であることはわかっていると思いますが、
そこにいる微生物の全てはこの酸素と水素と水の中で、
腐敗したり発酵したりしてバランスの中で共生しますわ。
ここ、とても大切です。

腐敗するのか、発酵するのか。

これは、極性のバランスに過ぎないの。
人は、どちらかの偏りで起こる弊害を偏り自体のことを忘れて、
ただ是正することだけに躍起になります。
つまり、陽に行き過ぎることで症状がおきている場合、
その陽をいかに陰に引っ張ろうかと一生懸命になるものです。
陰陽の法則は、決して偏りではないはず。
世の中は、陽で起きることを必死に陰を増やすことで
相殺しようとマーケットを作りますわ。
全ては陰陽のバランスです。
微生物も同じ。
陰の微生物と陽の微生物に、そもそも良いも悪いもありません。
一緒に共生し、プラマイゼロになることで、
そこから新しい生命は生まれる。
そこには酸でもなくアルカリでもなく、中庸のバランスがある。
例えば、もっとわかりやすく言えば、
最近口が酸っぱくなるほど、講義ではお話ししていることに、
基本ルールである電子の存在です。

この世界は、全てが電子。
そしてそこにある極性によって、流れは決まります。
微生物もこの極性で分かれるのよ。
本当に、たくさんの微生物がおりますが、
彼らだって陰陽のグループに分けられる存在です。
人間に男と女があるように、
そして、陽性と陰性があるように、微生物も同じ。

バランスとは、その極性が二つうまく存在することで、
取れるものだってことくらい、
磁石で遊んだことがある人は、わかるでしょう?
微生物も同じように、
陰陽のグループで力を合わせ共生しその「場」を整える。
そこには水が生まれます。

わかるだろうか・・・

どちらかに偏れば、そう、水は生まれない。
水が生まれないことで、
一体どんな影響を私たち人間は受けるのだろうかって、
考えたことはないかい?
私たちは水なのよ。
そしてこの大気も水。
上で書いたように、酸素と水素がくっついたり離れたりして水で在る。
そのバランスと、そこで水になるためのエネルギーが必要で、
それこそが アインシュタインの E = mc2 
そこには原子と電子とバイブレーション。
バイブレーションの元で原子と電子による、腐敗も発酵も決まる。
これは微生物も、体も、地球も、宇宙のバランスも同じなんだよ。

ある特定の微生物は、殺すものとして、嫌われたりしますわ。
それは、すでにその片割れが人間の浅はかな行為によって
存在を脅かされた結果に過ぎないのにね。
殺したい(殺菌)、と思うその「悪さをしている」細菌たち。
彼らの極性が反対側の微生物のパートナーたちを、
キレイキレイに清潔にする「行き過ぎた」商品の氾濫で
殺し過ぎたのではないのかい?

もし、どちらの極性もいなくなれば、そこには何も生まれないのよ

今。土壌はどうなっているか知っているでしょうか?
地球の土という土壌も、人間の体という土壌も今や、
バランスを失い、生命さえ育みにくいものになっているじゃないか
植物は生えない。受精もしない。

さて、どんな微生物がどんな極性でどんな仕事をしているのか?
この辺の詳しい微生物の話は、
今度の大阪と東京のアトピーの後の講座でお話しします。
概論的なことは、21日の腸サミットの配信で
お届けできたらいいな、と思っていますわ。

微生物と宇宙。

では、またどこかでお会いしましょう
ふたご座の新月だよー

Love Vani

【編集後記】
Vanilla事務局スタッフwindです。

今回のメルマガは、
微生物が主なテーマとなりました。

除菌、キレイキレイが主流の現在ですが、
その一方で、自然派の方、健康フリークの方のなかでは
「菌活」もブームとなっていますよね。

ただ、実際にはどんな菌もウェルカム!!とはいかず、
やはり、「善玉菌」ならいいけど、、、

カンジダ菌
黄色ブドウ球菌
ピロリ菌
ヒトパピローマウイルス

などなど、私たちにとっては「脅威」とされる微生物については歓迎できない!
という気持ちもあるのではないでしょうか?

しかし、どんな微生物も単独で生きているわけではありません。
今回Vanillaが書いているように、
微生物同士の絶妙なバランスの共生があってこそ成り立っているのです。
そこに善悪のラベルをつけるのは私たちの都合だけ、なのかもしれません。

菌とのことから眺めるこの世の陰陽のバランス、本当の共生ってなんでしょうか??

今月は、Vanillaが、そんな微生物についてお話しする機会に多く恵まれました。

6/18大阪、8/3東京のリアル講座。
こちらは微生物に特化してしっかりお伝えいたします。
びっしり2時間、今回のメルマガのように濃く、、、
世界の成り立ちや陰陽までお話しできたらと思います。

「微生物と症状」
https://ameblo.jp/holistetique/entry-12373513868.html

腸オンラインサミットにて、
6/21の動画に登場いたします!
デューランゆかりさんとのインタビュー形式にてお伝えしてまいります。
※無料で24時間ご覧いただけます(事前登録が必要です)

https://ameblo.jp/holistetique/entry-12382338739.html

オンラインミニ講座で
イメージしやすく、お届けします!

「ミニオンライン:微生物との共生」

動画配信:6月22日(金) 午前11時~ 
動画配信終了:6月23日(土)正午12時(日本時間)
※お申込み締切は6月19日(火)  23:59です。

https://holistetique-vanilla.com/bacteria

ぜひお楽しみに!

代替医療Vanillaのオンラインセミナー

*ミニオンライン講座*
<微生物との共生 >
<エレメントマトリックスシリーズ >
<健康と美をメカニズムから理解するシリーズ >
https://holistetique-vanilla.com/mini-online

*オンラインセミナー*
<セルフケアマスター講座(2016-2017版) >
・(1)セルフケア序章~ホリスティック概論(12時間)
・ママの知恵袋1~健康基礎一般(10時間)

<ホリスティックライフ(実践編)  >
・theはちみつ講座
・ホロスコープと健康とエレメント
・健康とエレメント 実践編

<ビューティコース(2015年版)  >
・スキンケア(基礎)肌の仕組みと化粧品
・コラーゲンとエラスチン
・保湿のための成分
・肌トラブルと水素
・炭酸と美肌
・再生医療
・美容皮膚科最前線 
・美容ダイジェスト

オンラインセミナーの詳細は下記よりご覧下さいませ。
https://holistetique-vanilla.com/オンラインセミナー

オンラインセミナーの登録メンバーの方はこちらからどうぞ
http://holistetique-vanilla.com/online/members/
※パスワードを忘れた場合は「パスワードを忘れた方」から送信してください。

ご登録がまだの方はこちらから
https://goo.gl/L1i3on

◆ 発行者:代替医療Vanilla 事務局

◆ メルマガについてのお問い合わせ:info@lecaprice.jp

※症状のご相談など、個別の返信はご対応できかねます。
※ご感想は管理上、事務局が目を通しますことをご了承ください。
※頂いた質問を、購読者全員にシェアという形でお答えできることはあるかもしれません。

◆ メールアドレスの変更はこちら:
https://1lejend.com/stepmail/edit.php?no=xmxchc

◆ メールマガジンの解除はこちら:
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=ylTjlgUu